【米国株】インモード(INMD)の株価・業績|ポストコロナで期待できる銘柄について紹介!

  • インモード(INMD)がどんな企業なんだろう
  • インモード(INMD)の株価や過去業績が知りたい
  • 成長している銘柄に興味がある

本記事ではインモード(INMD)の株価チャートや過去業績などわかりやすく解説をしています。

売上高・EPSの成長率からこれからも成長が期待できる銘柄の1つであると言えます。

コロナで売上が落ち込んでいた2020年の初期から、コロナ禍を乗り越えて業績の伸ばしていっています。

扱っている事業は美容系の先端機器であり、営業利益率が非常に高いのが魅力ですね。

»インモードの最新ニュースをチェックする

この記事でわかること
  • インモード(INMD)がどんな事業を展開している企業なのか
  • 直近の決算の結果や業績
  • 今後の成長に期待ができる銘柄なのかどうか
ぺんぺん
ぺんぺん

今日は何の銘柄紹介してくれるん?

そる
そる

インモードっていう美容系の先端医療機器を作っている企業だよ!


目次

基本情報

企業名Inmode Ltd
業種先端医療機器
従業員数311人
時価総額3.33億ドル
売上高206.11万ドル
純利益75万ドル

インモード(INMD)はイスラエルの企業で、低侵襲・非侵襲治療を可能とする美容医療機器を開発・製造しています。

下図にあるような機械ですね。

低侵襲・非侵襲治療

体への負担を出来るだけ小さく治療することです。

例えば出血や痛み、傷を少なくもしくはなしでつけることなく治療を行います。

出典:inmode

インモードの機械は様々な機能と搭載しています。

BodyTite:顔と体のコンサルティング・効果が高く、ダウンタイムが短い

Morpheus8:顔と体のコンサルティング

Optimas:顔と体のコンサルティング・顔、首、体の治療・色素、血管の改善

こういった機械を9種類持ち、様々買い手の要望にそったソリューションを提案できます。

インモードが実現したいのは”手軽な美容整形”です。

美容整形って怖い、痛そうといったイメージを払拭しようとしていますね。

”手軽に美容整形ができる”

そんな時代に移り変わろうとしていると感じます。

ぺんぺん
ぺんぺん

最近はYouTuberも整形動画を配信してたりするよね〜

ぺんぺんは足を長くしたいな

そる
そる

ぺんちゃんは短足だもんね。笑

インモード(INMD)の最新決算

インモード(INMD)がFY21のQ3の決算を発表しました。

結果は暫定収益も上回る好決算でした!

FY21 Q2結果予想
EPS$0.55$0.5
売上高$94.2M$89.3M
ガイダンス EPS$1.91~1.93$1.86
ガイダンス 売上高$343~347M$341M
  • Gross Margins:86%
  • 米国:$56.4M(+53%YoY)
  • 海外:$31.6M(+63%YoY)

成長率が留まることを知らず、毎決算いい結果を出してくれています。

FY21のガイダンス予想もQ2では300Mドルだったのが、Q3では343〜347Mドルと好調な伸びていることがわかります。

CEOであるMoshe Mizahyがカンファレンスコールで、今後もどんどん成長していくことを語っていました。

これからどれだけ成長してくれるかが楽しみですね。

インモード(INMD)の最新ニュース(10/13時点)

インモード(INMD)がFY21のQ3の暫定収益を発表しています。

上方修正後予想
Q3ガイダンス
EPS
$0.53~0.54$0.36
Q3ガイダンス
売上高
$93.5~94M$74.94M
FY21ガイダンス
売上高
$343~347M$317.93M
FY21ガイダンス
Non-GAAP Gross Margin
84〜86%

Q2の時から引き続き、前期で発表したガイダンスから上方修正をしており、非常に好調な成長をしyていることがわかります。

あわせて読みたい
InMode Expects Record Third Quarter 2021 Revenue of $93.5M-$94M, Raising Full-Year 2021 Revenue Guid... /PRNewswire/ -- InMode Ltd. (NASDAQ: INMD), a leading global provider of innovative medical technologies, announced today that it expects to release its...

2021年7月12日時点でのガイダンスの情報修正

インモード(INMD)がFY21のQ3の暫定収益を発表しています。

  予想結果  
Q2暫定収益EPS$1.00~1.01$0.65
売上高$86.5~87.0M$65.98M
FY21ガイダンス
※上方修正
売上高$305~315M$278.81M
Non-GAAP 84~86%

Q1の時もそうでしたが、前期で発表したガイダンスから上方修正をしており、非常にビジネスが伸びていることがわかります。

年間のガイダンスも10%以上も上方修正しており、これからの成長も目が離せないですね。

あわせて読みたい
InMode Expects Record Second Quarter 2021 Revenue Between $86.5M-$87.0M, Increasing Full Year 2021 R... /PRNewswire/ -- InMode Ltd. (Nasdaq: INMD), a leading global provider of innovative medical technologies, announced today that it expects to release its...

業績(決算)と株価

株価(2021年10月)

現在の株価チャートです。市場全体は調整局面に入っており、株式市場は軟調な動きになっていますがインモード(INMD)は非常に強い動きをしています。

また前回、ガイダンスの上方修正を発表したタイミングで、株価が一段と上昇していきました。

今回もガイダンスの上方修正を起因として、株価が上昇する可能性は高いです。

しかし、株式相場が軟調である事実があるため、一旦は静観でも良いのかなと思います。

株価(2021年9月)

現在(2021年9月時点)の株価です。

4月に80ドル付近にあった株価も、現在130ドルと1.6倍になっています。

決算がよく、業界をリードする銘柄はどんどん成長していくことがわかりますね。

8月中旬に少し下がった場面で購入してから20%近く上がっているので、今後の調整相場のおいても買い時を見極めたい銘柄の1つです。

株価(2021年3月)

出典:tradingview

コロナの影響で3月ごろに暴落しましたが、そこから順調に回復しています。

2021年1月14日に最高値を更新(ブレイクアウト)し、現在もまだまだ上昇し続けていっています。

上昇トレンドを描けており、高値を更新し続けているのでどこまでいくのか楽しみな銘柄ですね!

さらに直近の決算も良く、これまでも好決算を出して成長を続けている期待のグロース銘柄です。

株価(2021年5月)

出典:tradingview

1月のブレイクアウトを経て、2月から4月までボックス圏内(64〜77ドル)にいました。

4月にINMDから売上高・EPSの見通しが良いとアナウンスが出てから、さらに勢いづき株価が上昇していきました。

現在はセクターローテーションによりグローステックが売られる展開になっており、株価が軟調になっています。

チャートで引いているネックラインより株価が下落することになれば、どんどん下落してしまう可能性はありますね。

決算が良いことは折込み済みなので、決算発表で株価が上昇することは考えにくいです。

非常に良い株価上昇を続けてきたインモード(INMD)ですが、今後は少し軟調な動きをする銘柄になるでしょう。

直近の決算結果(売上高・EPS・ガイダンス)

2/10の決算発表では売上高・EPS・ガイダンス全てクリアしており、好決算でした!

EPSガイダンスは特に強く、利益率が高いビジネスだなと感じますね。

売上高に対して純利益が40%近くあり、非常に利率が良いです。

通常は利益率8%程度ですからね。

こういった高利益を生み出しているのは、美容機器のパーツを消耗品にすることで得ています。

なんだかサブスクリプションに近いビジネスモデルのような気がします。

一度マシンを買ってもらえれば、定期的にパーツを購入してもらって永続的に利益を出すことができそうですね。

過去決算

出典:investing

決算は基本的にクリアしています。(20/3を除く)

コロナで一度悪い決算を出してしまいましたが、そのあと3回連続で好決算を叩き出し、非常に強い銘柄だなと思います。

売上高・EPSの推移(2018〜2020)

売上高

EPS

売上高・EPS共に基本的には右肩あがりに成長していますね。

コロナにより売上高・EPSが落ち込んでいましたが、現在は復活し売上高・EPSともに最高値を更新しています。

コロナ前から成長していっている企業であり、今後の期待は十分ですね。

財務指標

4つの指標について確認していきましょう!

出典:tradingview

貸借対照表

純資産を年々増やし、2019年には負債<資産となっています。

資産が多いと言うことは、会社の経営状態が健全であることを表します。

インモード(INMD)は非常に安定している会社であることがわかりますね!

収益

決算の結果と予想になります。

:予想を上回る結果

:予想を下回る結果

直近は3連続で予想を上回る収益結果でした!

予想を上回る決算は好決算とされ、株価の上昇につながることが多いです。

損益計算書

売上・純利益・利益率が年々上昇していることがわかります。

成長を続けている企業であり、伸び率も良いので今後の成長も期待できますね。

キャッシュフロー

営業キャッシュフローが伸びており、しっかり利益を出していることがわかります。

キャッシュフローで重要なのは、営業キャッシュフローのため非常に良いキャッシュフローと言えますね。

競合他社

先端医療機器メーカーと比較すると、規模が小さくまだまだ発展途上といったところです。

これからしっかり業績を伸ばしていけば、株価が伸びる可能性も十分にあると考えられます。

大事なのは四半期の決算をクリアすることなので、動向を見守っていきたいと思います。

まとめ

今回はポストコロナの注目銘柄であるインモードを紹介を紹介しました!

ポイント

・美容機器開発のグロース銘柄

・企業の規模はまだまだ小さく成長の余地あり

・決算で毎回いい結果を出している

株高の傾向があり市場も上向きな現在ですが、下落するリスクにも十分留意して投資を行なっていかなければなりません。

こんな状況下で投資対象となるのは、好決算を出していて今後も成長が見込める企業です。

インモード(INMD)は投資対象としては非常に良い銘柄の1つではありますので、今後もチェックを続けていきます。

少しでも参考になりましたらうれしいです!

成長銘柄が知りたい方はチェック»株歴40年超のプロが今、買うべきと考える10の銘柄


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

26歳のメーカー勤務のサラリーマンです。
サイドFIREを目指して6000万の資産形成を目標にしています。
お金・投資の勉強をしており、資産を増やすための知識を蓄えながら、コツコツと
頑張っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる